Event is FINISHED

Dolby Cinema 映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」制作セミナー

Description

Dolby Cinema 映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」制作セミナー


https://youtu.be/RV1-N7RLQhY


昨年11月に国内初のDolby Cinemaが導入され、劇場用HDR技術Dolby Visionを採用した映画作品の上映が注目を集めています。
この5月には、邦画初のDolby Cinema上映作品「轢き逃げ -最高の最悪な日-」も劇場公開され、国内制作作品でのHDR採用に対する関心も高まってきました。

この度、本作の撮影監督であり、劇場用Dolby Visionの仕上げに参加された会田正裕様をお招きして、採用の背景や実作業でのご経験、また今後の期待や課題などをお聞きし、映画本編もご鑑賞いただくセミナーを企画しました。

場所は国内2館目となる埼玉県さいたま新都心にあるさいたまMOVIXのDolby Cinemaスクリーンにて開催します。
国内の映像制作に関わる皆様のご参加をお待ちしております。

©︎2019映画「轢き逃げ」製作委員会

<参考リンク>
「轢き逃げ -最高の最悪な日-」× Dolby Cinema™
映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」× DolbyCinema(約4分32秒)
カラーリスト視点で考察するドルビーシネマ/佐竹宗一 by HOTSHOT(約9分10秒)

<開催概要>
日時: 2019年5月30日(木) 13:00~16:40(受付12:00~)
会場: MOVIXさいたま Dolby Cinema
住所: 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目267番2号 コクーンシティ コクーン1 2F
https://www.smt-cinema.com/site/saitama/access.html


講師 : 会田正裕 J.S.C. (株式会社アップサイド
定員 : 250名
参加費: 1名様2,000円(当日券は現金のみ ¥2,500)

座席指定:全席自由席


テ ー マ『Dolby Cinema上映映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」の制作について』

内容
第1部 
採用の背景、作業環境の紹介(モデレータ:石川幸宏 HOTSHOT編集長)
映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」本編上映:Dolby Cinema鑑賞(約130分)

第2部 
作業プロセス、普及の期待・課題、Q&A
※セミナー内容につきましては変更になる可能性があります。


<お問合せ>   
本セミナーに関するお問い合わせは、下記宛でお願いいたします。
Dolby Japan株式会社 林 正樹
電話03-3524-7311/090-3137-8773 masaki.hayashi@dolby.com

HOTSHOT 編集部

info@hotshot-japan.com

企画・主催 Dolby Japan株式会社 / HOTSHOT(DVJ EXPRESS合同会社)
協力 株式会社松竹マルチプレックスシアターズ 東映株式会社

<<領収書の発行について>>
Peatixでお申し込みいただきましたお客様で領収が必要な方はこちらのリンクよりご確認のほどよろしくお願いいたします
https://help.peatix.com/customer/ja/portal/articles/221024

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#435326 2019-05-17 06:56:37
Thu May 30, 2019
1:00 PM - 4:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
さいたま市大宮区吉敷町4丁目267−2 コクーンシティ コクーン1 2F Japan
Organizer
HOTSHOT JAPAN
92 Followers
Attendees
166